初心者でも分かるアベノミクス http://www.zvgallery.com Mon, 02 May 2016 05:53:08 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 起業家の情報を見てみよう http://www.zvgallery.com/2015/10/20/diary-20151020/ http://www.zvgallery.com/2015/10/20/diary-20151020/#comments Mon, 19 Oct 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/10/20/diary-20151020/ 投資を行いたいという場合、いきなり自分一人で初めるというのは中々ハードルが高いものです。最初はコンサルティング業などに依頼して相談を行い、適切な投資の方法を学んだ所で自力で行うように目指すのが良いでしょう。では、どこにコンサルティングを依頼すれば良いのか、ということについて考えてみましょう。そんな時参考になるのが、Ventryというサイトです。こちらのサイトでは様々な起業家などの情報について紹介されており、金融関係の会社についても情報を確認できます。

ventryに掲載されている話題の起業家はこちらから閲覧することができます。ここではその一人として、アブラハムグループの創立者であり社長手もある高岡壮一郎氏について紹介します。高岡市は現在九州大学で非常勤講師として起業論について教えているプロフェッショナルです。起業家であると同時に自身もまた投資に関するプロフェッショナルであり、以前は三井物産株式会社で海外投資部門で仕事をしていました。

その経験を活かして生み出されたのがアブラハムグループです。入社当時は特に起業をするつもりはなかったという高岡氏ですが、日本の成熟した市場において活躍し、社会的な役割を果たすことが出来る会社を作りたいという思いから創業したといいます。

]]>
http://www.zvgallery.com/2015/10/20/diary-20151020/feed/ 0
騰がる株を見つけるために企業の調子を当てよう http://www.zvgallery.com/2015/06/06/diary-20150606/ http://www.zvgallery.com/2015/06/06/diary-20150606/#comments Fri, 05 Jun 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/06/06/diary-20150606/ ついに日本の経済が回復しだしている兆候が見えはじめました。政権交代を行なったからは、政府もデフレから本格的に脱出しようと動き出しまして、その手始めに長い長い円高からは脱出成功したようです。しかし本当に日本が不況から立ち直れるのかは、日本企業が成果を上げてくれないことにははじまりません。そこで日本企業を助けるためにも株式投資を行なう必要があるかと思います。

皆さんご存知だとは思いますが、株式投資は資産を企業に貸し与えて経営を助ける効果があります。短期的に投資を行なっている人も自覚はないかもしれませんが、一時的とはいえ企業に資金を貸している以上企業はなにかしらの恩恵を受けているものなのです。企業の調子が良くなった頃に株式を現金化することで、お金も増えて両方幸せな結果になるかと思います。

株式投資で企業援助するという意味でも、自分の資産を増やしたいと考えている人も、株式投資で失敗しないためには企業の調子を当てるという部分が重要になってくると思います。勢いのある企業は必ず成績を伸ばすでしょうし、業績不振の企業も回復すれば本来の力が出せるはずです。その調子の回復の鍵となるのが個人が購入する株式にありますので、ぜひ皆さんも参加して欲しいと思います。

企業の調子を測るには経営者がどのような人物なのかを知っておくのも1つの手だと思います。経営者のインタビューサイト等を見るのも良いかもしれません。「東京大学新聞Online」では東大卒の経営者について紹介している連載企画があります。その1例を以下にご紹介します。
起業家・高岡壮一郎氏の略歴を見る

]]>
http://www.zvgallery.com/diary-20150606/feed/ 0
NISA口座を安易に開設してはいけない? http://www.zvgallery.com/2015/05/20/diary-20150520/ http://www.zvgallery.com/2015/05/20/diary-20150520/#comments Tue, 19 May 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/05/20/diary-20150520/ 小額の投資であれば、税金がかからないNISA、別名小額投資非課税制度とも呼ばれます。

一見お得に見えるこの制度ですが、安易に口座開設をして取引するのはあまりおすすめではありません。投資方法によっては通常の口座と同様に税金を支払わなければならないからです。

その投資方法とは、短期での売買を繰り返す、デイトレードのような投資です。具体的に見てみましょう。

例えば、A社の株を100万円で購入したとしましょう。1年間売り買いせずに1年後株価が2倍になったとします。その場合資産は200万円に増え、利益は100万円になります。100万円以内の投資なので、税金は課せられません。

では、上のケースでA社の株を購入後、値動きが無く半年後に100万円売却したとします。その後B社の株に目をつけA社と同様に100万円分を購入し、A社の株を購入してから一年後にB社の株が二倍になったといます。その場合資産は200万円、利益は100万円と、結果だけ見ると上のケースと同じです。

後者のケースでは実は税金がかかってしまいます。それは一度売却して一年間の非課税枠である100万円を使い切ってしまったからです。再利用は出来ません。

NISAにはこのような点があるため、投資方法によってはそのメリットを最大限に受けられないことがあります。安易に開設するのではなく、この点を抑えておきましょう。

投資初心者におすすめしたい財産保全コンサルティング会社の経営者をご紹介します。
高岡壮一郎(アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社代表取締役社長)|東商 社長ネット
リスクを抑えて安心して資産運用したい方はぜひご参照ください。

]]>
http://www.zvgallery.com/2015/05/20/diary-20150520/feed/ 0
確定拠出年金の制度について調べてみました http://www.zvgallery.com/2015/03/06/diary-20150306/ http://www.zvgallery.com/2015/03/06/diary-20150306/#comments Thu, 05 Mar 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/03/06/diary-20150306/ 会社員をしている人や自営業者でも入れる確定拠出年金。
その確定拠出年金の制度についていろいろ調べてみました。

確定拠出年金とは、個人年金の部類に入り公的な国民年金や厚生年金では補えきれない老後の支出をカバーするためのものです。
確定拠出とは、自分自身で定めた掛け金を毎月支払っていくタイプである事から、確定拠出と言われています。

確定拠出年金も運用されるもので、その運用結果に応じて将来受け取れる年金額が決まってきます。

将来、インフレで様々な商品が値上がりしている現在に比べてインフレの状態になっているかもしれないですから、現在の年金の給付額では不安を抱えている方は多いと思われます。

そんな不安を解消する方法の1つが確定拠出年金に加入して、将来に備えるという方法です。

確定拠出年金には、企業に勤めている会社員などが加入できる企業型の確定拠出年金と自営業者などが加入できる個人型の確定拠出年金があります。

確定拠出年金は、条件を満たせば加入しやすいのですが簡単に解約出来ないというデメリットもあります。
しかし、掛け金の支払いを止めてもそれまで積み立てた資産を元に運用する事が出来るなど流動性も兼ね備えています。

また、会社員から自営業になった場合なども継続して制度に加入し続けられる、又は逆に自営業者から会社員になっても続けられるなど労働環境の変化にも対応しています。

国民年金基金や厚生年金基金など、いろいろ老後に備える手段はありますが、どの方法が良いのかいろいろ検討してみる必要がありそうです。

]]>
http://www.zvgallery.com/2015/03/06/diary-20150306/feed/ 0
年金不安を解消してくれる確定拠出年金 http://www.zvgallery.com/2015/02/04/diary-20150204/ http://www.zvgallery.com/2015/02/04/diary-20150204/#comments Tue, 03 Feb 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/02/04/diary-20150204/ 日本は今後も少子高齢化が進むようになり、年金を受け取る人が急増するようになるといわれています。日本では、40年後、お年寄りが人口の3分の1を超えるようになることから、年金支給金額に大きな影響を与えるようになるとされています。

将来、公的年金の支給額は今よりも減ってしまうようになり、老後の生活においてはゆとりをもつことができなくなっています。そのことから、老後に受け取れる年金を充実させることが必要とされているため、公的年金を補う私的年金の活用が期待されているのです。

たとえば、私的年金には企業が行なう企業年金がり、これは、最近、確定拠出年金として整備され、将来において受け取る年金に安心を与える効果があるといわれています。

確定拠出年金は、アメリカで行なわれていた401kといった年金制度を日本に導入したもので、日本では、日本版401kとして、多くの企業に取り入れられるようになっています。

この制度では、企業が独自に行なっていた企業年金が整理されたことにより、今までできなかった転職先における年金継続できるようになったのです。そのことから、確定拠出年金は、老後の年金不安解消する方法として、多くの企業で導入されるようになっているのです。

アベノミクスに関心のある方は以下のコンテンツをご覧ください。
ハイパーインフレと超円安の可能性
伝説のディーラー藤巻氏とアブラハム高岡社長の対談記事です。

]]>
http://www.zvgallery.com/2015/02/04/diary-20150204/feed/ 0
老後に対する不安ありますか? http://www.zvgallery.com/2015/01/17/diary-20150117/ http://www.zvgallery.com/2015/01/17/diary-20150117/#comments Fri, 16 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2015/01/17/diary-20150117/ いつまでも健康で、楽しく生活をしたいと思いますよね。特に、老後の生活は、ゆったりと落ち着いた時間を過ごしたという人が多いのではないでしょうか?しかし、そんなささやかな願いをも壊す「老後難民」が、年々増加しているのです。

一般的に、老後の生活に必要な資金は3000万円ほどと言われています。3000万円でさえ、貯めるのも大変ですがこれだけでは実は足りないというのが現状です。大抵の人が、定年を迎えたあと、生活レベルを老後にシフトすることができず、もしくは今まで頑張ってきた自分や家族へのご褒美とついつい使いすぎてしまう傾向があるようなのです。

また、日本人の寿命は85歳をこえ、65歳からおよそ30年もの長きにわたり、老後生活を送らなくてはならない現実があります。つまり、3000万円という資金があっても、年間100万円程度で生活を送らなくてはならないのです。現役時代の生活シフトでは、70代を迎えたあたりから、老後に貯めておいた資金がつきて、老後難民に陥るというのが現状です。

老後難民にならないためにも、老後の資金はしっかりと貯蓄して、生活もハメをはずし過ぎないように、適度でバランスのとれた生活を送りたいものですね。

]]>
http://www.zvgallery.com/2015/01/17/diary-20150117/feed/ 0
少子高齢化の中での対策を http://www.zvgallery.com/2014/12/21/diary-20141221/ http://www.zvgallery.com/2014/12/21/diary-20141221/#comments Sat, 20 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2014/12/21/diary-20141221/ 自分の為の年金制度、じぶん年金というものが国内でもかなり注目を集めるようになってきました。厚生労働相によって行なわれている公的年金制度というのは扶助型の年金保険であるため、実は自分のための年金保険ということは出来ません。自分の保険料が上の世代に使われ、自分の支給金が下の世代から使われる、というような制度になっている以上、どうしても影響を受けてしまう問題があります。

それが、人口比率の問題です。人口比率がトップヘビーアンダーライトになってしまうと、支える世代が足りなくなり、支えられる世代が多くなってしまうために立ちゆかなくなってしまいます。日本は先進各国で見てもかなりの勢いで少子高齢化している国であるため、この状況となることがほぼ確定しています。

現状ではまだ人口は増加状況であるものの、2020年には減少に転ずると予測されており、それ移行はさらに少なくなっていきます。最終的には人口5000万人程度まで落ち込むのではないか?というのが現在の予測です。

そうなれば当然公的年金に支えられて老後を生活する、という状況ではなくなってくるでしょう。その時のために、じぶん年金の形成というものが広まっているのです。

]]>
http://www.zvgallery.com/2014/12/21/diary-20141221/feed/ 0
NISA口座を開いたあとの商品選び http://www.zvgallery.com/2014/12/05/diary-20141205/ http://www.zvgallery.com/2014/12/05/diary-20141205/#comments Thu, 04 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2014/12/05/diary-20141205/ NISAの口座を開設したいけど、どのような商品を選んで買えばよいのかという問題を抱える方もいらっしゃると思います。番人向けの投資よりは、「どのようなタイプの投資信託」を「どのような配分で組み合わせるか」年齢や投資の目的などによって異なりますので、NISAを始める前にきちんと考えてから口座を開設した方がよいかもしれません。

たとえば35歳未満の若い世代の方の場合、ある程度のリスクは取れる世代になりますので、株式型投資信託の比率をメインとし、残りを債券型の投資信託にするなどができます。しかし、35歳以上50歳未満になると攻めつつもある程度の守りに入る傾向にあるので、株式型投資信託と債券型投資信託を半々くらいにしたり、老後の生活が見えてきた50歳以上の方になると比較的安全に投資ができる債券型投資信託だけで運用するなどがあります。

投資信託自体、あらゆる銘柄に対して分散投資をしているので、リスクは抑えることができますが、とはいえ株式型投資信託はそれなりにリスクが伴います。もちろん、その分大きなリターンが期待できるので、運用がうまくいかなくても取り返せる時間が味方につけられる若い世代にとっては有効的な分散の仕方です。
しかし、老後間近の世代になると勝負に出ることが難しくなるので、安全な国内債券型が選ばれる傾向にあります。

金融の世界に新風を巻き起こすベンチャー経営者が取り上げられています。
起業家インタビューのReLife

]]>
http://www.zvgallery.com/2014/12/05/diary-20141205/feed/ 0
安心した老後の暮らしを手に入れよう http://www.zvgallery.com/2014/11/13/diary-20141113/ http://www.zvgallery.com/2014/11/13/diary-20141113/#comments Wed, 12 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2014/11/13/diary-20141113/ 不安定なご時世、老後の暮らしに不安を覚えている人は多いことでしょう。その背景として、厚生年金基金の制度廃止は衝撃的でした。その後、不のスパイラルが続き代行割れなど問題が山積みです。年金がいったい何に使われているのか疑問に感じてきますよね。

そんな時代、いったい何を信じればいいのか分からなくなるという人も少なくないと思います。だからこそ、老後のための資金運用が大切なのです。おすすめなのが、401kです。「401kって何?」と初めて聞く人もいるかと思いますが、401kとは「確定拠出年金」といい、公的年金に上乗せして加入する企業年金の一種です。

401kも、従来の民間の年金のように、掛け金を運用しますが、景気が思わしくない昨今では、リスクを恐れているだけでは年金資金を増やすことは難しいと考えられます。しかし、少しでもコストを抑えて、利益を増やせる内容の年金制度が401kなのです。

401kのメリットのひとつに、購入手数料がかかるのがかからないということがあります。お得な制度を上手にして、年金資金を運用することで、自分の理想とする老後の生活を送ることができます。いつまでの笑顔の耐えない暮らしを過ごしたいですね。

]]>
http://www.zvgallery.com/2014/11/13/diary-20141113/feed/ 0
老後不安は深刻な社会問題 http://www.zvgallery.com/2014/10/31/diary-20141031/ http://www.zvgallery.com/2014/10/31/diary-20141031/#comments Thu, 30 Oct 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/zvgallery-com/2014/10/31/diary-20141031/ 老後不安は決して人事のような問題ではありません。しっかりとした大きな問題であることは確かでしょう。
これをどれだけ解決していけるかが、今の若い人にとっては大きな課題になっていきます。
高齢者社会と言われているとおり、高齢者の数は増えていきますが、その高齢者に関する問題というのは多く存在してきていることになります。
非常に矛盾しているように思えることですが、高齢者の問題というのは直接関わってくる若者にとって大きな問題であり、今の高齢者にとってはあまり大きな問題にならないこともあります。(当然大きな問題もありますが)
そのため若い人ほど老後不安を抱えていたり、大きな悩みになっているということもあります。

この状況を変えていく際に、自分で努力をすることができない場合、なかなか厳しい状況になることも考えられます。老後不安に関する対策を検討していくことは必要と言えます。

高齢の人でも、年金や、老後の生活に対する資金管理、計画が非常に重要になってきています。そのような状況で老後不安を感じないようにすることは難しいものです。
不安を行動力に変えて、しっかりとした生活が送れるような状況を作っていく意思がとても大切になります。

おすすめのベンチャー企業をご紹介します。
アブラハム・ウェルスマネジメントのIT担当者を募集!
新たなビジネスをITの力で支えていきたいという志を持った方に適しています。

]]>
http://www.zvgallery.com/2014/10/31/diary-20141031/feed/ 0