ついに日本の経済が回復しだしている兆候が見えはじめました。政権交代を行なったからは、政府もデフレから本格的に脱出しようと動き出しまして、その手始めに長い長い円高からは脱出成功したようです。しかし本当に日本が不況から立ち直れるのかは、日本企業が成果を上げてくれないことにははじまりません。そこで日本企業を助けるためにも株式投資を行なう必要があるかと思います。

皆さんご存知だとは思いますが、株式投資は資産を企業に貸し与えて経営を助ける効果があります。短期的に投資を行なっている人も自覚はないかもしれませんが、一時的とはいえ企業に資金を貸している以上企業はなにかしらの恩恵を受けているものなのです。企業の調子が良くなった頃に株式を現金化することで、お金も増えて両方幸せな結果になるかと思います。

株式投資で企業援助するという意味でも、自分の資産を増やしたいと考えている人も、株式投資で失敗しないためには企業の調子を当てるという部分が重要になってくると思います。勢いのある企業は必ず成績を伸ばすでしょうし、業績不振の企業も回復すれば本来の力が出せるはずです。その調子の回復の鍵となるのが個人が購入する株式にありますので、ぜひ皆さんも参加して欲しいと思います。

企業の調子を測るには経営者がどのような人物なのかを知っておくのも1つの手だと思います。経営者のインタビューサイト等を見るのも良いかもしれません。「東京大学新聞Online」では東大卒の経営者について紹介している連載企画があります。その1例を以下にご紹介します。
起業家・高岡壮一郎氏の略歴を見る